コレクター

買い取るお札

昔からコレクターに人気なのが、切手。コインと同じように発行される期間が限られることから、限定した枚数しか存在しない為、中古の買取市場では息の長い人気商品の一つです。 そうした切手買取市場で注目されているのが、中国切手です。その名の通り、中国で作られた切手のことです。高値で買取をされるのが、文化大革命時代前後のものです。切手の収集が禁じられたこともあり、当時の切手は中国ではあまり残っていないようです。そうした中国国内の事情があった中、外貨獲得を目的に中国切手を輸出し、日本人が多く購入した切手が有ります。こうした中国切手を対象に実は、買取市場が熱くなっているのです。ご実家の箪笥や引き出しの中にそっと眠っている中国切手がないか探してみませんか。

中国切手が買取市場が熱いのをご理解頂いたところで、気になるのはお値段でしょゆ。ヤフーオークションなどで良く目にする流通量の多い切手は、1980年代に発行された赤猿の切手。未使用であれば20万円程度が相場となっています。次によく見かけるのが、毛沢東の長寿を祈願する切手で、三枚セットで8万円程度。 実際の入札件数を見てみると80件から90件程度が多く、オーソドックスな切手ではあるものの、しっかりとした取引となっています。 こうしたオークションサイトを利用して買取してもらうのもありですが、中国切手のような素人ではよく価値が分からないものは専門の業者に鑑定してもらうのをお勧めします。オークションサイトで大枠の相場を調べた上で、鑑定を2,3社に依頼すれば買いたたかれることなく安心して売買できるはずです。