ネット社会

ターンテーブル

古書店といえば、かつては店主が特定の分野の「目利き」として持ち込まれた本の価値を見極めたうえで買取価格を決めていました。そのため、専門書などはそのジャンルによって店ごとに得意・不得意がはっきり分かれていました。 しかし現在の古書販売において主流となっている、いわゆる新古書店では買取価格の決め方は完全にマニュアル化されていて、内容やジャンルに関係なく一律の値段設定をしています。そのため、以前なら専門書店で高値がついたかも知れない稀少な本が、定価の何パーセントといった低価格でしか買取してもらえないという現象も起きています。 では、専門書の価値をきちんと評価したうえで買い取ってもらうにはどうしたらいいかといえば、近年ではネット専業の買取業者を利用するという便利な方法があります。

かつて「目利き」たちが経営していた伝統的な古書店は、今では都心の古書店街といった特殊な場所を除いては街なかから姿を消しつつあります。しかしその代わり、ネット上の買取業者はどんどんその数を増しています。 こうした業者は全員が全員かつての古書店主のように長年修行を積んだ人たちというわけではありませんが、大量の情報と豊富なネットワークという、従来にはなかった強みを持っています。そのため、さまざまな分野の専門書でも相場を把握し、その価値に見合った値段を付けてくれるのです。 また、実店舗を持たない分ランニングコストがあまりかからないため、浮いた費用が買取価格に反映されることもあります。これは売る側にとってもメリットとなります。